ニキビが出来やすい人の3つの共通点とは?

ニキビは年齢や性別、肌タイプによって「思春期ニキビ」「大人ニキビ」「背中ニキビ」などさまざまな種類があります。

以前は、ニキビは青春のシンボルとも言われ、皮脂の分泌が活発な思春期にできるのが特徴でした。ところが最近多い大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れやストレス、不規則な生活習慣などによりできます。

思春期ニキビが皮脂の分泌が活発なおでこや鼻のTゾーンにできやすいのに対し、大人ニキビはアゴや頬にできます。ただし、ニキビは種類を問わず、出来やすい人には3つの大きな共通点があります。

  1. 甘い物や油っこいものをよく食べる
  2. 寝る時間が遅く慢性的な寝不足
  3. 暴飲暴食や偏食

ニキビの種類によって異なるお手入れ法のポイント!

間違ったお手入れ法は、ニキビが治らないばかりか悪化してしまうケースもありますので、ニキビの種類によって異なるお手入れ方法のポイントをお伝えしておきます。

  • 白ニキビ・・・刺激が少なく添加物の少ない化粧品選びが重要。ピーリングやパック、マッサージなども有効。
  • 黒ニキビ・・・正しい洗顔料選びと洗顔法が特に重要。洗顔料を使った洗顔は多くて1日2回まで。
  • 赤ニキビ・・・正しい洗顔によるセルフケアとニキビケアコースがあるエステでのお手入れもプラスすること。
  • 黄ニキビ・・・真皮層を構成する成分が配合された化粧品選びが重要。白ニキビと間違って潰さないこと。
  • ニキビ跡・・・正しい洗顔と十分な保湿が重要。ニキビ跡の種類に関わらず絶対に潰さない・触らないこと。

白ニキビや黄ニキビ、赤み・あばたのニキビ跡には化粧品選びが重要!

ニキビの中でも特に白ニキビと黄ニキビは化粧品選びが重要です。

ドライスキンなら油性タイプ、オイリースキンなら水溶性タイプの化粧品を。白ニキビに有効な肌に刺激となる合成界面活性剤や鉱物油、香料や防腐剤などの添加物を使っていない化粧品を選ぶことはニキビ予防にもつながります。

また、黄ニキビやクレーターのように凹んであばたになってしまったニキビ跡には真皮層を構成する「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」、赤みのあるニキビ跡には化粧水の浸透をよくする「導入型化粧水」や美白成分でもある「ビタミンC」が配合された化粧品が有効です。

黒ニキビやニキビ跡のシミには洗顔石鹸によるニキビケアが重要!

ニキビの種類に限らず洗顔はニキビケアの基本。

特に黒ニキビには、ニキビに有効な洗顔料を使い正しい洗顔をするのが効果的でニキビの予防にもなります。また、シミ(色素沈着)になってしまったニキビ跡も洗顔石鹸で正しく洗顔することで消すことも可能です。

洗顔の際に使用する洗顔料は、合成界面活性剤を使用しない洗顔石鹸がおススメです。「石けん素地」とパッケージの裏に成分表示してあるのを確認し、ニキビ洗顔に有効な抗炎症成分・ジカリウムなどが配合されたものを。

特に黒ニキビの場合、肌に必要な皮脂まで奪い取ってしまうような洗浄力の強すぎる洗顔料は選ばないようにしましょう。

セルフケアでは限界がある赤ニキビやニキビ跡のあばたにはエステがおススメ!

ニキビの中でも特に赤ニキビは、お手入れ法を間違えてしまうと膿を持った黄ニキビに発展してしまいますので、セルフケアにプラスしてエステでプロの手に委ねるのが一番。

同じピーリングでも自分で行うのとエステとでは効果が違いますし、あばたになってしまったニキビ跡などはセルフケアでは限界があります。

施術は各エステによってさまざまですが、可視光線や炭酸ガスパック、超音波を使ったイオンパックなどは毛穴の奥の汚れまでしっかりと取り除いてくれ、血行が良くなり新陳代謝も活発になるため、ニキビができにくい肌へとも導いてくれますのでニキビ予防にもなります。

ページトップへ