もしアナタがニキビの悪化で悩んでいるとしたら、これまでの間違ったニキビの常識を信じているせいかも。たとえば、ニキビは皮脂の分泌が多いのが原因だとか。もちろん、そのことも原因のひとつではあるものの、ニキビが悪化するにはさまざまな要因が絡み合っているんです。

脂性肌の人はニキビになりやすいというのも実は間違った常識。皮脂の分泌は少なくても、ストレスや寝不足などが原因で新陳代謝が低下すれば、古い角質の排出がスムーズに行われず毛穴が詰まってニキビが悪化する可能性が高くなります。

他にも、肌を清潔に保つためにと何度も洗顔をすることでかえってニキビに悪影響を与えてしまうことも。そこで、間違った常識によるニキビを悪化させる11個のタブーをご紹介します。

以前は思春期だけだったニキビも、最近では食生活を含む生活習慣の変化によって、大人ニキビや背中ニキビなどで悩む人が増えています。

昔に比べて何でも便利になった現代生活は、睡眠不足や運動不足、ストレスや紫外線などニキビの原因となるものがたくさん存在しているのです。その中でもとりあけ重要とされているのが食事です。

ニキビにとってもバランスの良い食生活は基本となりますが、暴飲暴食や偏食をなくし、寝る間際に食べ物を口にしないなどの食習慣を見直すことも大切です。また、チョコレートやケーキなどの甘い物がニキビの大敵なのはご存知だと思いますが、これらを極力控えることと同時に、今回ご紹介する10つの食べ物を積極的に食べることでニキビが改善されます。

あなたも是非、毎日の食生活にこれらの食品をたくさん取り入れて、気になるニキビとお別れしましょう!

「ニキビの常識って色々あり過ぎて、何が真実なのか分からない」と思ったことはありませんか?

肌を清潔に保つため1日に何回も洗顔したほうがいいというニキビの定説も、今ではニキビにとっての悪習慣だったことがハッキリしてきました。

ニキビを治すためと思ってやっていたことが、実はニキビを増やしたり悪化させたりしていたなんて悲しいですよね。でも、ニキビを治すために確実に言えることが“食生活の改善”です。私たちが毎日食べているものによってニキビが出来やすくなっているとしたらどうしますか?

チョコレートや油っこい物がニキビを増やすというのは、ニキビに悩んでいる人なら誰でも知っている常識。では、それ以外にどんなものがニキビを出来やすくするのでしょうか。

ページトップへ