あばたが出来る原因と治し方!


まるでクレーターのような凹んだニキビ跡で悩まされていませんか?
ニキビ跡には「赤み」「色素沈着」「あばた」の3種類があり、クレーターのような凹みとなった「あばた」はニキビ跡の中でも一番治りにくい厄介なもの。

「それじゃあ、やっぱりクレーターのようなニキビ跡は治らないの?」
正直言って、放置していたり間違ったお手入れをしたりしていては治りません。でも、逆に言えば早目に正しいケアをすれば治るということでもあります。

では、そのためにどうすればいいのか?もちろん、自分であばたを解決する方法もあります。ですが、早く、しかも確実に治したいのなら、やはりプロに委ねてしまうのが一番!

そこで、まずはクレーターのようなニキビ跡になってしまう原因を探り、放置しておくとどうなってしまうのか?また、日常的にやってはいけないタブーをご紹介します。

あばたになるのは放置した結果か間違ったお手入れをしたから?

クレーターのような凹んだあばたは、ニキビ跡の初期症状の「赤み」、中期症状の「色素沈着」がさらに悪化した末期状態です。あばたになるのは、放置してしまった結果かお手入れはしたけど、その方法が間違っていたかということになります。

ニキビが炎症を起こすと、そのダメージを修復するため肌の奥では突貫工事が行われます。その工事が肌表面の表皮の段階なら問題は少ないのですが、ダメージが肌の奥の真皮層にまで達すると、修復のためコラーゲンが大量に生産され「瘢痕(はんこん)」と呼ばれる組織を形成。クレーターのように大きく凹んだニキビ跡となります。

こうなってしまうと、いくら食生活や睡眠などの生活習慣を見直したところで解決するのは難しく、自分で行うスキンケアにも限界があります。そこでおススメなのがプロによるニキビ跡治療です。

ニキビ跡を治すには日々の生活習慣の改善も必須!

もちろん、いくらプロに委ねたところで、今までと同じ生活習慣やスキンケアを行っていたのでは、治りのスピードも遅くなりますし、せっかく治っても、またニキビができてニキビ跡へと進化してしまいます。

また、アレルギー体質も影響するとも言われていることを考えれば、食生活を含めた生活習慣の見直しはニキビ跡ケアには欠かせません。

ですので、以下でお伝えするあばたができやすいタブーを行わないよう徹底してください。こうした日々の積み重ねを忘れず、あとはプロの手に委ねるようにすれば、治りにくいあばたのニキビ跡が消える確率は高くなります。

あばたができやすい15のタブー

  1. ニキビが気になって潰してしまう
  2. ついついニキビに触ってしまう
  3. 前髪がニキビに触れる
  4. 寝るのはいつも夜中
  5. 慢性的に寝不足
  6. 野菜は嫌い、あまり食べない
  7. 暴飲暴食が多い
  8. インスタント食品やスナック菓子をよく食べる
  9. イライラ、クヨクヨすることが多い
  10. お風呂はいつもシャワーですませる
  11. 体を動かすのが嫌い、運動する時間がない
  12. 1日に何度も洗顔する
  13. 油分の多い洗顔料を使っている
  14. 寝る前までメイクを落とさない
  15. 洗顔後は時間を置いてから化粧水をつけている

セルフ洗顔では落ち切れない汚れを落とし正常な皮膚組織を作る事が重要

クレーター状になったニキビ跡を解決するには、その原因となるコラーゲンがキーワードになります。

肌を修復するために大量に作られたコラーゲンのサイクルを元に戻すことが大切です。そのためには、真皮層に働きかけあげる必要があります。ただし、真皮層に働きかけるとなるとなかなかセルフケアでは解決しにくいのが現実。

そこでおススメなのがニキビケアのコースがあるエステ。クレーターのようなニキビ跡をエステで治すポイントは2つ。

2つのポイント

  1. セルフ洗顔では落ちきれない汚れをキレイに落とす
    エステでの本格的な洗顔やピーリングは、セルフ洗顔では落ち切れなかった汚れを落とすだけでなく、血流が良くなるため皮膚の奥まで活性化でき、肌本来のサイクルへと導いてくれます。
  2. 真皮層に働きかけ正常な皮膚組織を作る
    エステならではの可視光線や超音波、イオンなどの働きで、肌の奥の真皮層に働きかけ大量に発生したコラーゲンを新しく入れ替えることができます。

自分では洗顔料も無添加のものにこだわったり丁寧に洗顔したりと気を使っているようでも、エステの洗顔を体験してみると、いかに汚れが落ち切れていかないかを実感できます。

もちろん、クレーターのような凹みが1度で消えるわけではありませんが、1回の施術でも赤みなどはかなり目立たなくなりますので、何度か続けて通えばニキビ跡の悩みも解決することができますので、是非、あなたも試してみてくださいね♪


こちらの記事もよく読まれています♪

ページトップへ