黒ニキビは押し出された皮脂などの汚れが酸化した結果


気になるニキビ、潰してニキビ跡になっちゃったなんて経験、ありませんか?

ニキビには、初期段階の白ニキビ、黒くぽっつりと目立つ黒ニキビ、炎症で赤くなってしまった赤ニキビ、膿をもった黄ニキビといろいろあります。

もし、あなたが黒くぽっつりと目立つ黒ニキビで悩んでいるのなら、白ニキビと同じくまだニキビの初期段階なので正しくケアをすれば、跡も残らずに治る可能性が高いので心配無用!

そのためにもまずは黒ニキビができる原因をしっかりと理解すること。まだ炎症を起こしていないからと放置しておけば、やがては赤ニキビや黄ニキビにまで発展しかねません。

大切なのは、原因の理解と正しいニキビケア。せっかく時間と労力を使ってケアをしても、その方法が間違っていればニキビが治らないばかりか悪化してしまう可能性も。

鼻の上や鼻の周りにポツポツと黒く出来るのが特徴の黒ニキビ。あなたも今日から正しい黒ニキビケアで、キレイな肌を取り戻しましょう!

過剰な皮脂の分泌や汚れの蓄積、ホルモンバランスやターンオーバーの乱れが原因

そもそも、黒ニキビってどんな状態のニキビなの?
それは、毛穴の中に溜まった皮脂などの汚れが肌の表面に押し出される段階で空気に触れて酸化してしまった状態のニキビ

別名を「開鎖面皰」(かいさめんぽう)「開放コメド」と呼ばれ、「閉鎖面皰」と呼ばれる白ニキビと逆で、毛穴が開いてしまっているために皮脂などが酸化して黒ずんでしまうのです。

決して、白ニキビより汚れがひどいから黒っぽく見えるわけではありません。原因として考えられるものにはいくつかあります。

主な原因は4つあります

  1. ターンオーバーが乱れることで古い角質が毛穴に詰まりやすくなる。
  2. ホルモンのバランスが乱れ皮脂が過剰に分泌される。
  3. 洗顔が不十分なため汚れや余分な皮脂が落ちずに蓄積している。
  4. 洗顔のし過ぎでかえって皮脂が分泌されてしまう。

他にも不規則な生活や運動不足、紫外線、暴飲暴食、偏食、ストレスなど、日常生活のあれこれが黒ニキビを出来やすくしているのです。

黒ニキビのケアとしてやってはいけな14のタブー

黒ニキビは、白ニキビと違って毛穴が開いているので刺激を受けやすく、間違ったケアを続けていたりすると悪化して赤ニキビに発展しやすいため厄介な存在でもあります。

そこで、黒ニキビケアでやってはいけないタブーをご紹介しておきましょう。

14のタブー

  1. ついついニキビを触ってしまう
  2. 1日に何度も洗顔してしまう
  3. 洗顔後はタオルでゴシゴシと拭いている
  4. 油分の多い化粧品を使っている
  5. シャンプー後はあまりすすがない
  6. 慢性的な便秘
  7. 夜遅くまで起きていることが多い
  8. いつも寝不足だと感じる
  9. 油っこいものや甘い物をよく食べる
  10. 野菜料理はあまり食べない
  11. インスタント食品やスナック菓子が大好き
  12. 運動は苦手、運動する時間がない
  13. ストレスが溜まっている
  14. クヨクヨと悩むことが多い

黒ニキビケアに重要な石鹸選び2つのポイント

黒ニキビのセルフケアには、正しい洗顔が重要です。
つまり、正しい洗顔をするには正しい石鹸選びが大切になります。

ポイントは2つあります

  1. ニキビを刺激しない原料や成分が使われているか?
  2. 肌をやさしく包み込むような細かな泡立ちか?

“洗顔石鹸”と書きましたが、なぜ石鹸なのか?それは、洗顔フォームやクレンジング剤には一般的に合成界面活性剤を使っている商品が多いからです。

酸性とかアルカリ性以前に、洗浄力が強すぎるため肌に大きなダメージを与えてしまい、当然ですがニキビにとっても良いわけがありません。

必要な皮脂まで無理に奪い取ってしまう洗顔剤は×

黒ニキビは、皮脂の分泌が多いからできるという原因だけ見れば、洗浄力が強いのは良いことだと勘違いしやすいのですが、必要以上に皮脂を奪ってしまうと肌はカサカサになり、身を守るためにさらに皮脂を余分に作り出してしまうのです。

皮脂は肌が生まれ変わるサイクルがスムーズなら、必要な量しか分泌されません。ですので、大切なのは合成洗剤で無理に皮脂を奪い取るのではなく、古くなった角質や汚れなどを洗い流すことで自然とキレイな肌細胞が生まれてきます。

皮脂の分泌は食生活やストレス、睡眠不足なども影響しますので、黒ニキビで悩んでいるなら、洗浄力の強い洗顔料で1日に何度も洗顔し必要以上に皮脂を洗い流すことより、皮脂が過剰に分泌されないような生活習慣を心がけることが大切です。

天然の洗浄成分+無添加の洗顔石鹸がおすすめ!

洗顔石鹸なら何でもOKというわけでもありません。固形じゃなくても石鹸という商品もあれば、固形なのに石鹸じゃないという商品もあるので要注意です。

本当の意味で肌にやさしい洗顔石鹸は、火山灰シラスや緑茶、黒砂糖などの天然の洗浄成分を使っていますし、「パラベン」と呼ばれる防腐剤や香料、着色料などの添加物を一切使っていません。

肌にやさしい洗顔石鹸なら余分な皮脂だけを洗い落とすので、肌が必要以上にカサカサすることはなく、黒ニキビの予防・改善にも大活躍してくれます。

あなたも正しい洗顔石鹸を選んで黒ニキビとサヨナラしませんか?


こちらの記事もよく読まれています♪

ページトップへ